ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

本設ゴンドラ各部の機能

アーム可動部

アーム可動部

走行機能や台車旋回機能に加え、アームの俯仰・伸縮・先端旋回機能など多様な動作が可能です。これらの機能により建物壁面に対してケージの平行を維持します。無理な姿勢で壁面へアクセスする必要がなく、安全で効率的な作業ができます。

※機種により可動部は異なります

昇降装置

昇降装置

昇降は、電動機より減速機を介して溝つきドラムを回転させ、ケージを吊り下げるワイヤロープを巻き取ります。ワイヤロープは、乱巻きを防ぐ機構によりドラムに正しく誘導されます。
機種によりドラムに1層のみ巻く単層巻きタイプと多層巻きタイプがあります。なお、万一のケージの落下を防ぐため、複数のブレーキ装置が装備されています。

走行装置

走行装置

屋上に設置したレール上を走行する軌道式と、屋上面にそのまま設置する無軌道式があります。軌道式の走行車輪は通常パラペット側2輪が駆動輪、後部の2輪が従動輪となります。それぞれの車輪はカーブもスムーズに走行できるよう、独立して動く機構を備えています。

クレーン機能(クレーン兼用ゴンドラ)

クレーン機能

ゴンドラの昇降機能を利用し、通常の建物メンテナンス作業だけではなく、クレーンとしても利用可能な機種もあります。ケージをはずして使用することにより、新築時のガラス揚重やリニューアル工事での設備の交換等にも使用することができます。

※クレーン兼用ゴンドラとして特許取得済み:第3548150号

ケージ

建物外壁面に合わせてスムーズな作業が行えるよう、せり出し機構や旋回機構などを取り付けることも可能です。建物の形状に合わせて専用のケージを製作することもできます。

ケージ せり出しタイプ
せり出しタイプ
ケージ ハネダシ床板タイプ
ハネダシ床板タイプ
ケージ スライドタイプ
スライドタイプ
ケージ せり出しタイプ
ケージ ハネダシ床板タイプ

ゴンドラの操作

ゴンドラの操作
台車側での操作
台車の走行やアーム俯仰などの操作は、台車からケーブルを伸ばしたペンダントスイッチで行います。これにより広い視界が得られ、足場のよい場所での取扱いが可能です。ケージ側操作盤と台車側のペンダントスイッチは互いにインターロックされており、同時に操作することはできません。優先権の切り替えはケージ側操作盤で行います。

無線用アンテナ

無線用アンテナ

ケージ側での操作
ケージ側からの操作信号は、台車とケージをつなぐキャブタイヤケーブル、またはワイヤロープの電纜線を介して送信されます。高層の建物ではケーブルが風で流されることを防ぐため、無線方式によるケーブルレスでの操作も可能です。

ページ上部へ